日本の物件探しの手順は何となくわかっていても、海外での物件探しになると契約までの手続きに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。バンコクの物件は日本のように機能的な造りの間取りでないことも多く、広さについても必要以上に広すぎたり、利便性の低い物件があったりすることも少なくないようです。バンコクには日本人スタッフが賃貸物件の仲介人として契約してくれるディアライフなど便利な不動産会社がありますが、ここではバンコクでの物件探しを行う際の手順について解説していきましょう。

入居までの手順について

ウェブサイトで希望の物件が見つかった場合は、まず不動産会社に電話やメールで問い合わせを行います。バンコクで賃貸を借りるのが初めてという方は「予算」「入居予定日」「ロケーション」など希望する条件を入力して、不動産側からぴったりの部屋を紹介してもらうことも可能です。

バンコクは言葉が通じないため物件の内見をする際、不便に感じることが多いかもしれません。ですから、できるだけディアライフのような日本人スタッフが常駐している不動産会社を選ぶようにしましょう。実際の部屋を見に行くと物件資料だけではわからなかった細かい部分が見えてきます。防犯がしっかりしているか、駅やスーパーまでどのくらいの距離があるかなど周辺環境をチェックすることができます。日本人アドバイザーと一緒に内見に同行してもらうことで、不明な点や気になる点などをその場で聞くことも可能です。

住みたい物件が見つかったら予約の準備を

内見をして家具や間取り、使い勝手などを確認した上で住みたいと思ったら、物件の予約を行いましょう。予約に必要な書類は、バンコクの場合パスポートの顔写真が載っているページのコピーと予約金です。ディアライフの場合、予約金は契約する際に全額返金されるか初月の賃貸料から差し引かれる仕組みになっています。予約確認書に記載されている必要事項を確認した上で予約を完了させてください。

まとめ

ここまでバンコクでの物件探しの手順について解説してきました。ディアライフは賃貸契約時に請求されることの多い「仲介手数料」がありません。物件探しのプロが希望に沿ったお部屋を提案してくれるので、依頼者の負担も軽減されることは確実です。入居前に物件の名称や面積、貸主、家賃、光熱費などの契約条件を確認した上で契約へと進むので安心して手続きに踏み込むことができるでしょう。初めてバンコクで物件探しをする方は、入居先の検討から内見、予約、契約まで一括してサポートしてくれるディアライフを利用することをおすすめします。