バンコクには日常生活に欠かすことのできない日系スーパーやホームセンター、ショッピングモールが数多く点在しています。朝から市場や屋台を見て回ることもでき、昼夜問わず買い物をすることができるでしょう。ここではバンコクでおすすめのお買い物スポットを紹介します。

UFMフジスーパー

UFMフジスーパーとは、日本国内に50店舗以上ある「フジスーパー」や日本に数多く展開しているコンビニエンスストア「スリーエフ」で有名な富士シティオグループの海外支店にあたります。現在スクンビット地区に4店舗立地しており、食品や飲料、生魚などの生鮮食品、惣菜なども購入することができます。日本で馴染みのあるスーパーマーケットを想像してもらうと分かりやすいでしょう。食料品以外にも学校で使用する文房具なども揃っているので、ここで生活必需品を一通り揃えられます。

ヴィラマーケット

こちらのスーパーマーケットはタイ資本の店舗ですが、富裕層や外国人から重宝されているスーパーです。肉やワイン、チーズなど欧米食材が豊富にあり、日本人居住区であるソイ33やソイ49の店舗では日本人向けの商品も数多く販売されています。ソイ33のヴィラマーケットは24時間営業でアルコールも販売されているので、お酒好きな方にもおすすめのお買い物スポットです。

マックスバリュ

マックスバリュは日本でも馴染みのあるショッピングモールです。外国人や富裕層向けというよりもローカル向けのスーパーなので、在バンコク日本人になくてはならないスポットと言えるでしょう。バンコクには通常大型ショッピング施設とは別に「マックスバリュ・タイジャイ」という小型ブランド店舗がありますが、24時間営業しているところも少なくありません。お弁当や総菜などが充実していてイートインも併設されているので、単身者から重宝されています。

ホームプロ

ホームプロは日本でいうホームセンターのことです。エカマイやプルンチットにある店舗が日本人には人気で、スーパーには並んでいない家具や照明、カーテンなどの日用品を揃えることができます。大型家具や住宅設備機器を購入した場合は、自宅まで配達してくれるので非常に便利です。

まとめ

今回はバンコクに住む際に必要なお買い物情報についてご紹介しました。実際にバンコクに住まれる方などにご参考になれば幸いです。もし、転居を検討している地域にどんなお店があるかわからない場合などは、不動産屋さんに相談してみるのも一つの手かと思います。

例えばバンコクの不動産会社「ディアライフ」では、バンコクの物件紹介などの他に、入居者に代わって日本人スタッフが生活上での困り事やトラブルなども対応しています。周辺にスーパーやショッピングモールなどがある立地条件の物件を提案してもらうこともできるので、お部屋探しの際はディアライフのサービスをぜひ利用してみてください。